目がくぼんで貧相な顔つきに!痩せ型体質の方は要注意!

目がくぼんで貧相な顔つきに!痩せ型体質の方は要注意! お肌はきれいでも目の回りがくぼんでしまって、見た目年齢が5歳も10歳も老けてしまっている人っていますよね。 テレビをみていても30歳オーバーの細身の女優さんなんかはそんなイメージがあります。


この目のくぼみですが、年齢とともに目の周りの脂肪(「隔膜前脂肪」と「眼窩脂肪」)や筋肉が減り、 また本来あるべきところの脂肪がたるんで下に落ちてしまうことが原因です。


もともと皮膚表面や眼窩の脂肪が少ない痩せ型の人は加齢の影響が加わると特に目立ちやすいそうなので、 細身の女優さんが年を取ると目のくぼみが目立つというのもそういう理由なんだと思います。


また、それほど大きな影響があるとは思いませんが、代謝が滞って、老廃物が流れずに溜まっていると、 その重みで目がくぼんでくる場合もありますから、目のまわりの代謝をよくしてあげることも大切です。


基本的には、目のくぼみもたるみの1つです。目の周りの構造や骨格は人それぞれ違うので、 たるみの影響が「くぼみ」という形で出てくる場合があるということなんですね。


「コラーゲン線維の変性・劣化」「眼窩脂肪の減少」「眼輪筋等の筋肉の衰え」に対する対策がそのままくぼみ目予防になります。 くぼみ(=たるみ)はひどくなる前に手を打つことが鉄則です。


目元のコラーゲンを守るには? 目元たるみ用のアイクリーム<Best3>

目のくぼみを予防する眼輪筋トレーニング【動画で解説】

アイクリームを使ったアイケアと並行して、目のまわりの眼輪筋を鍛えることで、たるみを防ぐことができます。 ということで、図で説明してもわかりにくいので動画を探してきました。


眼輪筋トレーニング



筋肉は年齢とともに衰えてしまうものですが、鍛えることで維持できるものでもあります。動画をみればわかるように、 目のまわりの筋肉も鍛えることができるので、こうした眼輪筋トレーニングを知っておくことは役立つと思います。


理想をいえば、くぼみやたるみが目立つ前からこれらの予防法に取り組みたいところです。 目元がふっくらしている20代のうちから習慣にして、くぼみ目を防ぎましょう。目元のシワ対策にもなりますし。


くぼみ目対策に目の周りのマッサージを紹介しているサイトやブログもあると思いますが、 目元の薄い皮膚にマッサージというのはむしろ摩擦&刺激になって老化を促進させるのでやめたほうがいいというのが当サイトの意見です。


Copyright © 2014 まぶたのたるみを引き締めるアイクリーム特集~ペプチドが鍵!· All Rights Reserved·