上まぶたのたるみは加齢以上に摩擦の影響大!

上まぶたのたるみは加齢以上に摩擦の影響大! 「パッチリした大きな自慢だったのに、なんだか最近二重の幅が狭くなって、目も小さくなってきたような。。。」 という場合は上まぶたのたるみがはじまっているかもしれません。


まぶたを持ち上げる筋肉のゆるみ、真皮層の弾力成分の変性・劣化などが上まぶたのたるみの直接的な原因になります。


加齢性のものなので、遅かれ早かれ誰もが避けられない問題ではあるんですが、まぶたをよく擦っている人、擦ってきた人ほど老化が早いという特徴があります。


アレルギーでよくまぶたを掻いてしまう人、アイメイクやアイプチを頑張っている人、 コンタクトレンズの出し入れの際、上まぶたを引っ張る人etc...。上まぶたに摩擦と刺激を与えている人は要注意です。


とにかく、触ったり、いじったり、擦ったりといったことは、皮膚の薄い目元にとっては刺激になるので絶対NGなんですが、 上まぶたは、なかでも一番触りやすい部分だと思うので、本当に気をつけないといけません。


「眼瞼下垂」という筋肉とそれを支える靭帯も伸びきった状態になれば手術しかなくなります。 そうした状態にならないように、普段から目元に摩擦と刺激を与えないように気をつけないといけません。


まずは「擦らない」を徹底! まぶたのたるみ用のアイクリーム<Best3>

下まぶたのたるみは目の周りの脂肪を支えきれなくなってきたのが原因

下まぶたのたるみは目の周りの脂肪を支えきれなくなってきたのが原因

眼球まわりは柔らかい脂肪の塊が覆っていて、クッションの役割を果たしていますが、加齢によって筋肉がゆるみ、弾力成分が劣化してくると それを支えきれなくなるので、たるんできます。


また、日本人は骨格に対して眼球や皮膚組織が前にでているという特徴があって、目元のハリや弾力が失われると、下まぶたにその影響が出てきやすいです。


今、若い女性に人気がある涙袋も筋肉や真皮層に弾力があってこそ維持できるものですから、年齢を重ねて、目元にハリがなくなってくると、 普通の人以上にたるみが目立って悲惨な状態になってしまいます。


上まぶたにしろ、下まぶたにしろ、たるみ対策としてできることは少しでも老化を遅らせるということです。紫外線対策は当然として、 摩擦や刺激を避ける、そして目の周りの筋肉を鍛えて、コラーゲンやエラスチンといった弾力成分を劣化させないことが大切です。


いろいろあるスキンケア化粧品のなかでも、特にコラーゲンやエラスチンといった弾力成分を守る作用のある有効成分を配合しているのがアイクリームです。 目元の乾燥対策であれば普通の保湿クリームでも十分ですが、目元のエイジングケアはアイクリームを使ったほうが効果的なのは間違いないです。


目元のエイジングケアに、、 まぶたのたるみを引き締めるアイクリーム特集
Copyright © 2014 まぶたのたるみを引き締めるアイクリーム特集~ペプチドが鍵!· All Rights Reserved·